和歌山県道13号和歌山橋本線 できる場所から拡張工事した結果…(追記あり)

2016年02月23日(火)19時29分
                 
制限速度を守れば、こういう事故は防げただろうが。

仮設ガードレールが転倒するくらいの勢いで突っ込んだのだろう。

路面標示(ライン)も不明確、ガードレールも夜間は目立たない。

買収交渉にも失敗したということは、半永久的にこの状態ってことだろう。(追記:そうでもなかった)

だったら、安全対策しておくべきだったのではないだろうか?

場所はここ。交通センター入口交差点付近の県道13号和歌山橋本線。
0223.png
http://yahoo.jp/fAONGx

----
(追記 2016年2月25日)
0225.png

仮設ガードレールは寝たまんま。

次に事故が起きたら、コンクリートにぶつかって大破か?
----
(追記 2016年2月27日)
昨夜、夜間撮影しました。反射コーンと光り物があるので、これで突っ込むことはないだろうけど、ガードレールだけじゃ無理もないわな。


----
(追記 2018年7月31日)

やっと完成したようだ。

関連記事
         (最終更新:2018年09月29日(土)20時19分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。