バッファロー社の「WXR-1900DHP2」 不具合頻発

2016年02月26日(金)21時44分
                 
こういう記事を書くと、メーカーはお怒りになるかもしれない。だけど、事実だから書く。

2016年2月20日の記事(また家中のインターネットが繋がらなくなる不具合が発生した(WXR-1900DHP2))と同様の不具合に見舞われた。

昼過ぎに、YouTubeに動画を1本アップロードしたまま、野良仕事に出かけた。

ADSL12Mだから、「残り244分」なんて表示が出てた。

そして、夕方、帰宅。

光回線導入に猛反対した親父が、PCがインターネットにつながらないと言う。

自室に戻り、YouTubeがどうなってるかを確認したところ、「残り220分」の状態でフリーズしてた。

家中のPCだけでなく、俺のスマホもWi-Fiにつながらなかった。

またか!

今週だけでも、ほぼ連日のように、不具合が発生し、毎日のように、モデムと無線LAN親機の再起動を繰り返している。

もう限界だ。

サポートセンターに電話し、状況を説明し、改善策を聞いた。

「ファームウェア」を最新のバージョンに更新し、正常に接続されている状態で、設定を変更してほしいと言われた。

この「ファームウェア更新」も、「Ver.2.44」以降は、自動更新となっている。

しかし、何らかの理由で、自動更新できなかった場合、一定期間、自動更新してくれなくなるということ。

機器が、そう判断するらしい。

で、手動で、「Ver.2.45」に更新し、言われるままに設定変更作業した。(詳細は書かない。ケースバイケースだから。)

これで様子をみてほしいと言ってくれたが、次回はいつ、ダウンするのか?

携帯電話のように回線契約ではないので、問い合わせ履歴が残らない。

不具合が発生すると、イチから説明が必要になる。

で、アップロードし損ねた動画、ネットカフェに行ってきました。
CCI20160226.jpg

Screenshot_201602262128367e8.png
↑ネットカフェの回線速度 ↓我が家の回線速度
20160226212838feb.png
http://www.rapidnet.jp/

下りが約19倍、上りが約24.5倍。

我が家の回線で、244分かかると表示されていた動画が、約10分でアップロード完了。

でも、最低30分は、267円なので、ドリンクバーでコーヒー飲んで、一服してから帰ってきた。

バッファロー社の無線LAN親機、ホントに大丈夫なのか?

このブログのアクセス解析にも、「WXR1900DHP2の性能は?」とかでアクセスされている方が居るけれど、個人的には、お勧めしません。

「高かろう悪かろう」という印象しかありません。

関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時14分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。