カーナビの地図データが古いと…

2015年06月24日(水)08時00分
                 
俺のカーナビ、「NV-SB541DT」というポータブルナビ。地図データは全く更新していない。

先日の福井旅行で、こういうことがあった。進路は、上から下。

20160301214557f76.png
 
バイパスがあるのに、旧道に引っ張られた。

往路では、いきなりトンネルに入ったから、ナビは、無反応だった。

カーナビがそんなに普及していなかった頃は、気にしなかったが、ナビの案内に頼ってしまうとこういうことになる。

便利な機器だが、中身が古いとこうなる。

地元だと、不自由は感じないが、知らぬ土地では、ナビ頼りだ。

最近購入したスマホにもナビアプリはあるが、使い方がわからない。

「NV-SB541DT」というナビは、「2009年度版全国地図を本体SSDに格納」 だから、今から6年前の地図データということになる。

地図データを更新するには、「SD JAPAN MAP 15 RED 全国版(8GB)」 なるものが必要なのだが、2015年7月23日発売予定で、定価:17,000円(本体価格)+税という、恐ろしく高価なものなのだ。



しかも、最新版なのに、データ自体は、1年前のもの。

和歌山だけで言うと、今秋の国体を前に、突貫工事で、新しい道路を造っているが、当然、そういうデータも反映されていない。

こう考えると、とんでもなくもったいない買い物なのだ。

ということで、購入は諦める。
 
関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時16分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。