10月31日 特急「くろしお」に「しらさぎ」のお古がやってくる

2015年08月23日(日)08時00分
                 
top.jpg
http://www.westjr.co.jp/press/article/items/150821_00_289.pdf
http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/08/page_7526.html

新型車両でもなく、北陸新幹線開業で不要になった、特急「しらさぎ」のお古が来るんだもんな。

381系のラストランの指定券は、ヤフオク転売で高値は付かないだろうな。

車両が入れ替わっても、災害に弱い路線だもんな。

和歌山だから、仕方ないか。

----
JR特急「くろしお」:381系、10月30日ラストラン /和歌山
毎日新聞 2015年08月22日 地方版

 JR西日本和歌山支社は21日、特急「くろしお」で使用している車両3種類のうち、老朽化で廃止が決まっていた旧国鉄時代の車両「381系」(旧スーパーくろしお)を10月30日で引退させると発表した。381系が主に担っていた新大阪・京都−新宮間は、現在は白浜までしか走っていない新型の「287系」が運行する。

 381系は、きのくに線では1978年から走り始めた。現在では数少ない「振り子式」の車両。急カーブでも車両を傾けて速度を落とさずに走れるため、速さの代わりに揺れで酔う人が多いなど乗り心地の悪さでも知られていた。「ラストラン」では通常6両の編成を9両に増やして運行するという。

 一方、287系が381系の区間を担うため、白浜までの区間については、3月まで名古屋と北陸を結ぶ特急「しらさぎ」で使われていた「683系」を改造した「289系」を投入する。381系にはなかった電源コンセントが客室の最前列と最後列につくほか、車椅子にも対応できるようになる。【稲生陽】

http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20150822ddlk30020452000c.html 
関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時15分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。