「警察から電話がかかってくるのは拾得物(遺失物)の連絡等だけ」じゃなかった

2018年12月06日(木)04時49分
                 
過去に、「警察から電話がかかってくるのは拾得物(遺失物)の連絡等だけ」という記事を書いた。

でも、そうではなかった。

自宅にかかってきた。家族が出た。

その際、どういう名乗り方をしたのか知らないが、俺に替わった際、「○○警察の○○です」としか言わずに、本題に入ろうとしたので、「どこの部署?」と横柄な態度で聞いてみた。

俗に言う、強行犯担当だった。

俺に前科があると知ってるから、そういう態度(物言い)なのか、普段から、そういう態度なのか知らないが、あちらさんは、疑うのが商売みたいなもの。

疑われたら、身の潔白を証明する必要がある。

鬱陶しい話だが。

事件なのか、事故なのかは書かない。

でも、俺は、無関係。

俺のケータイ番号を教え、一旦、電話を切った。

俺を巻き込みたいならと、指定された現場に出向いた。

途中で、警察の電話番号から、俺のケータイに着信があった。

この時点で、本物と確信したが、場所の説明が、ちんぷんかんぷんなんだよ。

しかも、現場に居るという刑事と接触できなかったどころか、通話中に、その刑事が、署に戻ってきたという。

何なんだ、この、お粗末さは?

だったら、俺は、誰と会うために、指定された場所に出向いたんだ?

横着、かますなよ。

俺の手帳に、しっかりメモっておくよ。

俺の手帳、本部や所轄の刑事の名前が増えてきた。OBもあるけど。

しかし、こんな電話で、人を呼び出したら、特殊詐欺の手法に使われかねない。

俺の立寄り先の近くを指定した時点で、本物だろうと思っていたが。

俺と、接触せずに、帰ったらアカンわな。

だから、警察は、信用できないんだよ。

誰か、俺を嵌めようとしている?

誰が、どんな通報をして、俺の名前を出したのかすら、教えてもらえないんだもんな。

しばらく、様子見することにする。

関連記事
         (最終更新:2018年12月06日(木)04時49分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。