2018年12月4日の予想最高気温が「23℃」だって?(追記あり:和歌山で25.2℃・かつらぎで25.7℃)

2018年12月03日(月)10時22分
                 
天気予報って、コロコロ変わるもの。

当たることもあれば、外れることもある。

2018年の冬は、暖冬と報じられていたが、気象庁|過去の気象データ検索(観測史上1~10位の値(12月としての値))を見ると、「23℃」を観測すれば、歴代6位以上となる。

Screenshot_20181202-163500.jpg

Screenshot_20181203-001618.jpg
Yahoo!天気 - 雨雲の接近や雨雪の判別がわかる気象レーダー搭載の天気予報アプリ

2018120301.png
ピンポイント天気(和歌山) - ウェザーニュース

2018120302.png
気象庁 | 天気予報 : 和歌山県

実際、どうなるのかわからないが、12月に「23℃」を観測したら、菜園の野菜たちは、生育不良を起こすかもしれない。
----
(追記 2018年12月4日)
気象庁|最新の気象データを見ると、12月の観測史上最高を更新している地域がある。

どこまで上昇するんだろうな。

でも、2018年12月4日をピークに、一気に、冬に向かっていくような週間天気予報になっている。

体調管理に注意が必要だろうな。
--
和歌山(市)の最高気温も、12月の観測史上最高を更新した。
--
結局、和歌山(市)で、25.2℃、かつらぎ(町)で25.7℃を観測し、夏日となった。

また、気象庁の和歌山県内の観測地点、12箇所のうち、7箇所で、12月の観測史上最高を更新した。

異常気象だな。



関連記事
         (最終更新:2018年12月04日(火)16時27分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。