2018年12月3日から7日 和歌山の「日の入り時刻」は「16時49分」

2018年12月03日(月)04時48分
                 
菜園で、野良仕事していたら、よくわかる。

17時30分頃って、真っ暗だもんな。
201811301733.png

日の出入り@和歌山(和歌山県) 平成30年(2018)12月 - 国立天文台暦計算室によると、2018年12月3日から7日迄の5日間の「日の入り時刻」は、「16時49分」。
2018120201.png

2018年の冬至は、12月22日だが、12月8日以降は、徐々に、「日の入り時刻」は、遅くなっていく。

逆に、「日の出時刻」は、2019年1月4日から13日迄の10日間が、「7時6分」。

朝起きは遅いから、気にはならないが、日没から真っ暗になるのが早いと、忙しない。

収穫物の撮影に、フラッシュが必要になることも。

暖冬傾向と言われているが、暑さより、寒さに弱い俺。

定例記事の撮影時、今の季節は、太陽の高度が低いから、晴れていると、逆光になりやすい。

不定期撮影動画も、太陽が映り込んで、車内の映り込みも激しい。

それなりの対応を施しているが、防ぎ切れない。

もう、そういう季節なんだなぁと。

余談だが、北海道の根室での日の入り時刻は、2018年12月4日から14日迄が、15時42分。

沖縄県の那覇での日の入り時刻は、2018年11月25日から12月6日迄が、17時37分。

2時間近くも、差があるんだな。

そろそろ、2019年の一覧表でも作るとするか。

関連記事
         (最終更新:2018年12月03日(月)04時48分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。