2019年の春から「名草排水機場建設工事」が始まる(予定)

2018年11月02日(金)04時45分
                 
2017年8月13日に撮影
P8130094.jpg

P8130095.jpg

P8130096.jpg

こういう報道が出た。
近畿農政局、和歌山平野農地防災事業名草排水機場建設WTO 14日まで受付
https://archive.fo/levjz

隣接する土地に新設し、完成後に既存の排水機場を解体という流れになる。

完成は、2021年の春。

和歌山平野農地防災事業の全体が完了するのは、2028年度。

詳細情報は、ここにある。
http://www.maff.go.jp/kinki/wakayamaheiya/index.html

つまり、あと10年は、豪雨災害時に、大規模浸水や冠水が発生する可能性があるということだ。

今年(2018年)だけでも、既に2回の道路冠水が発生している。

低地での浸水被害もあったようだ。

異常気象による豪雨災害が、毎年のように発生している。

関連記事
         (最終更新:2018年11月02日(金)04時45分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。