ドライブレコーダーがあればこそ…だな 2018年10月19日(追記あり)

2018年10月20日(土)04時50分
                 
最近では、ドライブレコーダーの映像が、報道で取り上げられることも少なくないが、自身が運転していて、「おいおい…」と感じるような光景も、少なくない。

愛車が長期入院中だから、俺の車に取り付けていたドラレコを、家族の車に取り付けているのだが、ドラレコのレンズが、魚眼レンズのような感じなので、実際には、もっと近くに見えるんだな。

今は、金曜日しか、運転することはない。

家族の送迎目的で。

送迎の待ち時間に、俺の用事を済ませている。

たった2時間未満の実質運転時間に、こんなにも?と。

自分が、安全運転を心掛けていても、何が起きるかわからない。

何が起きても、不思議じゃない時代。

不利であろうが、有利であろうが、ドライブレコーダーは、必需品だろうな。

きしゅう君の防犯メール」も、こんな情報発信をしている。
2018101902.png
----
(追記 2018年10月27日)
別記事でも良かったのだが、敢えて、追記。

(報道リンク)
交通死亡事故が多発 和歌山県警の「STT」出動 - 産経ニュース

でもね、まさか、こんなことが、現実にあるとは、トホホな話だ。

白バイの行為は、「合図不履行違反」じゃないのか?

この交差点は、2019年の春には、車線が変わるはず。

現時点では、左端が、左折専用帯。中央が、左折兼直進帯。右端が、右折専用帯となっている。

交通事故が多発しているのは、事実だが、さすがに、これは不味いだろうよ。




関連記事
         (最終更新:2018年10月27日(土)20時22分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。