自転車移動で気付いたこと 2018年10月17日

2018年10月18日(木)04時53分
                 
俺の愛車は、長期入院中。

2018年9月5日以降の、俺の移動手段は、自転車or徒歩という状況が続いている。

最寄りの食料品スーパーに行く程度なら、記事にはしないのだが、車が通れない道幅の道路でも、自転車なら通れるところを、あちこち知った。

住んでる地域でも、「えっ、こんなとこ通れたの?」みたいな。

2018年10月16日もそうだった。(ここは、住んでる地域ではないが。)
2018101704.png

軽自動車なら通れそうだが、こんなところに、抜けられる道があるなんて知らなかった。

2018年10月17日、知ったのは、ここ。(ログがズレているのは、天候と遮蔽物の影響。)
2018101703.png

全体はこう。
2018101702.png

自転車通行可の歩道がなく、車道幅の狭い道路を自転車走行するのは、正直、怖い。

車の通らない道路や、極端に少ない道路があれば、そっちを選ぶ。

でも、昨日は、撮影したいモノがあったから、怖い県道を通ったが。

知らない道を知ったからといって、役立つとも思えないが、まだ、同じ場所に自転車で行くことがありそうだからな。

関連記事
         (最終更新:2018年10月18日(木)04時53分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。