和歌山市森小手穂(もりおてぼ) 停電復旧に明暗? 2018年9月6日(追記あり)

2018年09月06日(木)13時10分
                 
関西電力の停電復旧、複数の地域住民に確認したところ、昨夜(19時頃)に復旧した地域と、未明(就寝中で気付かず起きたら復旧していたという話)に復旧した地域と、今朝(6時台)に復旧した地域があることがわかった、

2企業(の2人)と4個人に、「電気、いつ繋がった?」と聞いた。

企業は知っているが、個人は、見ず知らずの人。

森小手穂って、地名だが、「森」と「小手穂」が、一体化しているだけで、自治会単位としては、別物。

先日の記事には書かなかったが、「小手穂」という喫茶店は、地名そのものなのだ。

昨日(2018年9月5日)、関西電力の営業所で、耳にした話だが、自宅の近所で、同じ電柱から、電線が引き込まれていて、自宅だけが停電復旧しない場合、関西電力のコールセンターに電話するか、関西電力の営業所に行く必要がある。

個々の住宅が、停電復旧しているかどうかを認知するには、時間がかかるだろう。

スマートメーターが設置されていて、使用量のデータに変化がなければ、関西電力が確認に来るかどうか?

おそらく、そういう余裕はないだろう。

ポツンと一軒家ならどうしようもないが、住宅地で、両隣の住宅が停電復旧しているのに、となったら、関西電力にGO!だ。

今朝(2018年9月6日)の記事にあるが、移動手段の問題で、山東や東山東方面には行けていない。

朝から、JR和歌山駅付近まで、自転車で行ったから、そんな余裕はない。

家族の話によると、かまやま駅北の交差点の信号機が、まだ、滅灯していたそうだ。

俺の愛車(修理中)に取り付けていたGPSドラレコを、両親のGPSなしドラレコと交換しておいたから、夜には確認できるだろう。

俺は、自転車移動だから、裏道(農道とか住宅地)をスイスイと。

雨じゃない日は、自転車移動もラクだが、雨の日は、面倒だな。

でも仕方がない。

天気予報が当たれば、今夜の夜から、雨模様らしい。

北海道で、大きな地震があったようだが、テレビは賢いな。

NHKや一部の民放は、地震のニュースを延々とやっているところもあるが、通常放送をやっている民放もある。

後日記事にする予定だが、停電してしまうと、テレビは見れないんだよ。

こういう書き方をすると、地震の被災地の方々には申し訳ないが、今、いろんな災害で、被災した地域は、日本全国彼方此方にある。

まずは、その地域が必要としている報道をすべきであって、その中で、時間枠を配分しなければ意味がない。

和歌山市内でまだ、停電復旧していない地域はあるはず。でも、俺は、情報入手のために、停電しなかった地域の知人に、電話やメールで情報提供してもらった。

底辺からの意見な。

13時を過ぎた。

次の雨が降り出す前に、壊滅した我が家の菜園の飛来物除去作業に行ってきます。

P9068620.jpg
----
(追記:13時15分)
和歌山市の西山東支所は、電力復旧しているが、東山東支所は、電力復旧していない模様。(和歌山市からの非公式情報)
----
(追記)
滅灯の信号機

20時頃の話だが、川向う(貴志中学校付近の個人宅)で、停電復旧していない地域がある模様。(家族からの伝聞)
----
(追記 2018年9月7日)
上記追記の滅灯の信号機は、やっと復旧した。


関連記事
         (最終更新:2018年09月29日(土)22時51分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。