昔、和歌山県立医科大学は公園前にあった! これから造る薬学部の東側に…

2018年09月02日(日)04時57分
                 
この画像、不味いだろうな。

でも、当時のことを知らない世代に知ってもらうには、この方法が最適かと。

高精細画像です。
P9018320.jpg

さすがに、スキャンは見送った。

1997年の住宅地図。

今、モンティグレ ダイワロイネットホテル和歌山や、和歌山ロイヤルパーキングや、済生会和歌山病院のある土地には、昔、和歌山県立医科大学と附属病院があった。

そして、隣接する伏虎中学校跡地に、和歌山県立医科大学の薬学部を造ろうとしている。

沿革|和歌山県立医科大学によると、「平成11年5月 和歌山県立医科大学統合移転完成(紀三井寺)」となっている。

平成11年は、1999年。

結果論だが、やってることが、ちぐはぐに感じる。

建物の老朽化とか、手狭だったことを考えると、無理もないような気もするが、郊外に大学を移転させて、中心市街地活性化なんたらというのは、理解不能。

和歌山大学だってそうだろ。

吹上と高松にあったのを、栄谷に移転させてるんだから、中心市街地に若者が居なくなるのは、当然だよな。

で、義務教育学校に統合して、空いた土地に、大学を誘致って、摩訶不思議な話。

和歌山西警察署が、吹上に移転する前だもんな。

今は、和歌山市役所の東別館になっているが。


随分と変わったもんだ。

関連記事
         (最終更新:2018年09月02日(日)04時57分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。