和歌山交通公園敷地の(仮称)岡崎大橋の工事占用部に岩石を仮置き? 2018年8月31日(追記あり)

2018年09月01日(土)04時45分
                 
2018年8月26日撮影時
P8267989.jpg

数日前に、情報提供があり、様子を見に行ったのだが、その時は、まだそんなに多くは積まれていなかった。

2018年8月31日の夕方、堤防道路から見たら、ブルーシートが敷き詰められ、岩石の山ができていた。
P8318289.jpg

P8318290.jpg

P8318291.jpg

この運び込まれた岩石は、(仮称)新吉礼トンネルの掘削で、出たものだ。

2017年4月10日の記事(価値のありそうな岩(青石)をどうするの? (都)南港山東線建設工事現場(追記あり))の岩は、健在だ。
P8318292.jpg

(仮称)岡崎大橋の工事が終わったら、和歌山交通公園(施設)に、戻すって話だったよな。

こんな状況だったら、いつまで経っても、公園には戻らないんじゃないの?

ちなみに、架橋された橋の上には、ユニック車があった。
P8318288.jpg

公園には戻すのに必要な岩石なら、わざわざ、ブルーシートを敷かないだろう。

これからどうするんだろうな。
----
(追記)
工事関係者に尋ねたところ、架橋工事の高田機工さんではなく、(仮称)新吉礼トンネルの淺川組さんとして、岩石の搬入が行われているとのこと。

しかも、この岩石は、最終的に、線路北側の側道部に使われるもので、正しく、仮置き状態。

今日(2018年9月1日)は、雨模様で、和歌山交通公園の来園者は少ないし、交通センターも閉庁日だから、まだマシだが、不特定多数の人が来園・来庁する施設の近くを、ひっきりなしに大型ダンプが行き来するというのは、如何なものだろう。

確か、高田機工さんが、架橋する鋼材や、ラフタークレーンを入出場する際は、早朝或いは、深夜となっていたはず。

大型トレーラーはダメで、大型ダンプならOKという解釈なんだろうか。

それより、もっと心配なのは、県警管理用道路である、県道13号の交差点から、貴志川線の踏切までの間の、アスファルト舗装の痛みが激しい。

もう、なりふり構わず、やりたい放題なんだな。

P9018304.jpg

P9018305.jpg

P9018306.jpg

P9018309.jpg

P9018310.jpg

P9018311.jpg
----
(追記 2018年9月2日)
まだ増えてる。
P9028492.jpg

P9028493.jpg

P9028498.jpg
----
(追記 2018年9月24日)
また、運び込まれていた。
P9249315.jpg

P9249316.jpg

P9249325.jpg

P9249326.jpg

P9249327.jpg

P9249328.jpg

P9249329.jpg

関連記事
         (最終更新:2018年09月24日(月)19時04分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。