菜園の台風被害の片付け 2018年8月25日

2018年08月26日(日)04時49分
                 
菜園の台風被害 2018年8月24日の続き。

作業スペースを確保するため、切断した枝葉を、野焼き場に運んだ。

生木だから、重い。

これは、手作業(鋸)では無理。
P8257831.jpg

これ、菜園だから、被害はなかったけど、木造の民家の屋根に落ちていたら、確実に破壊していただろうな。
P8257832.jpg

これで直径10センチくらい。
P8257833.jpg

枝が折れた場所がわかった。
P8257835.jpg

落下点まで、10メートルくらい離れている。目測だが、落下点との高低差は、10メートルくらいある。

台風の暴風で、真下に落ちずに、飛ばされたということだろう。

それより、野菜自体への被害はなかったが、何本かの支柱が折れていた。
P8257827.jpg

曲がっているように見えるが、実際は、折れている。

防風ネットを固定していた支柱ばかりで、野菜を支えていた支柱は、傾いた程度。

野菜より、農業資材のほうが、ある意味、高価だもんな。

関連記事
         (最終更新:2018年08月26日(日)04時49分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。