和歌山市発信の「エリアメール」 市民にちゃんと広報した?

2018年08月25日(土)04時45分
                 
俺のガラホのキャプチャ画面
Screenshot_2018-08-24-08-50-23.png

緊急地震速報以外は、和歌山市が発信した、「緊急速報メール(エリアメール)」。

2017年10月22日以降の受信分が残ってる。

機種変更や、端末初期化(オールリセット)した場合、過去に受信した「緊急速報メール(エリアメール)」は、消えてしまう。

俺のスマホ、今は、楽天モバイル契約だが、元々、ドコモで購入した端末だから、「緊急速報メール(エリアメール)」に対応している。
Screenshot_2018-08-24-09-18-34.png

Screenshot_2018-08-24-09-18-43.png

頻繁に、オールリセットするから、直近分しか残っていない。

2台の端末が、同時に鳴るから、煩くて。

で、肝心の「緊急速報メール(エリアメール)」だが、和歌山県のホームページには、こういうページがある。
エリアメール、緊急速報メールについて | 和歌山県

しかし、和歌山市のホームページには、わかりやすいところにはない。

市報わかやまの平成30年5月号の13ページにこういう記載がある。
2018082402.png
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/020/358/3005-12-13.pdf

しかし、「紀の川に関する洪水情報については、緊急速報メール(エリアメール)で配信されることがあります。」とされていて、避難に関する緊急速報メール(エリアメール)については、触れられていない。

緊急速報メール(エリアメール)のタイトルになっている「和歌山市防災情報メール」とは、本来は別物。
和歌山市防災情報メール|和歌山市

登録したメールアドレスに対して、送信されるものであって、運用が滅茶苦茶。

では、肝心な情報は、どこに掲載されているか。

ここ。
緊急速報メールを活用した洪水情報のプッシュ型配信について|和歌山市の中の「緊急速報メールを活用した洪水情報のプッシュ型配信について (PDF 115.9KB)」の、注釈部分。

おいおい、誰が、気付くんだ?

せめて、こんなページがあってもいいんじゃないか?
緊急時は、緊急速報(エリア)メールが配信されます|岡山市
エリアメール及び緊急速報メールについて - 奈良市
緊急速報「エリアメール」・緊急速報メールの導入について/泉佐野市ホームページ

和歌山市の防災担当課の常識は、市民の非常識かな?

それから、これも、不親切だよな。


「【停電情報 8月24日午前7時15分現在】 詳細は和歌山市公式フェイスブックでご確認下さい。」だって。

Twitterから、Facebookに振るってどうなんよ?

こんな画面になった。
2018082403.png

Facebookアカウントを持っていない者には、ログイン画面が邪魔なだけ。

ツールを使いこなせていないなぁ。もったいない。

ちゃんと、広報していれば、こんな記事こんな記事を書かずに済んだのに…。

関連記事
         (最終更新:2018年08月25日(土)04時45分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。