プライベート用のメインアドレスを変更するって面倒だ 2018年8月19日

2018年08月20日(月)04時45分
                 
2018年8月19日の記事(これこれ)、プライベート用のメインのメールアドレスに届いたんだわ。

どこから流出したのやら。

複数のメールアドレスを使い分けているのだが、一番、面倒なアドレスに届くなんてな。

詐欺まがいの迷惑メールって、一度でも届いてしまうと、そのメールアドレスは、生きていると相手側がわかる。

使われていないメールアドレスだと、エラーメールが返信されるから、そう判断できる。

しかも、同日に2通も届いたということは、今後、あの手この手で、鬱陶しいメールが届く可能性がある。

面倒なのはわかっているが、新たなメールアドレスを取得した。

年間1,029円の、セキュリティ対策を強化したメールサーバー専用プラン【メールボックス】 - レンタルサーバーはさくらインターネットを使ってるから、メールアドレスは、いくらでも作れる。

有料メールアドレスだから、メールアドレスが流出しない限り、迷惑メール(勧誘メールや広告メール)は、届かない。

「-(ハイフン)」とか、「.(ドット)」とか、「_(アンダーバー)」を混ぜてるから、簡単には作れないと思うのだが。

例えば、このブログ専用のメールアドレスに届いた迷惑メールなら、アドレス変更して、掲載しているアドレスを変更すれば、それで済む。

ところが、プライベート用のアドレスだと、登録している金融機関とか損保会社とか、携帯電話会社とか、複数の登録メールアドレスの変更が必要になる。

今回は、新たに複数のメールアドレスを作って、登録先を分散してみた。

昔は、そうしていたのだが、それはそれで面倒なのね。

今回は、こんなふうに。
2018081908.png

「さくら登録用」って、面白いでしょ。

有料メールアドレスに登録するメールアドレスは、他社のメールアドレスでなければならないのね。

必要なメールは、PCでもスマホでも送受信できるようにし、どうでもいいのは、PCだけで受信する。

携帯電話会社のキャリアメールや、プロバイダの1個無料のメールアドレスは使っていない。

当分の間は、これまでのプライベート用のメインのメールアドレスも残しておく。

登録変更し忘れた登録先があるかもしれないし、もしかしたら、記事ネタになりそうな、詐欺まがいの迷惑メールが届くかもしれない。

これで、様子見だな。

関連記事
         (最終更新:2018年08月20日(月)04時45分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。