メインPCが修理から返ってきたが… 2018年8月9日

2018年08月10日(金)04時57分
                 
修理に出したのが、2018年7月19日

ちょうど3週間で返ってきた。

でも、同梱されていた書類を見て、何だこれは?と。

公開する。
CCI20180809.jpg
--
修理作業未完了パソコン 返却のご案内

東芝製パソコンをご利用いただき、誠にありがとうございます。
パソコンの修理をご依頼いただき、検査を行い、お見積りをご提示いたしましたが、お客さまの
ご意向として、修理を行わないとのご回答をお受けいたしました。
誠に残念ではございますが、お預かりした状態でご返却いたします。
なお、今回の修理に関するお問い合わせは、ご依頼された窓口までご連絡いただきますよう、
お願いいたします。
今後とも、東芝製品をご愛顧いただけますよう、心よりお願い申し上げます。

                                         東芝PC集中修理センタ
--
CCI20180809_0001.jpg

修理に出した、家電量販店及び、家電量販店の修理センタから、「お見積りをご提示」されていない。

「お見積りをご提示」というのは、金額の提示を意味するものではないのか?

それ以前に、免責なしの3年保証で、修理に出している。

これについて、家電量販店に確認した。

「俺は、金額について何も聞いていないが、これはどういうことか?」と。

修理受付をする実店舗から、家電量販店の修理センタを経由して、メーカーの修理センタに依頼されている。

どこかで、肝心な情報が抜けたのだろう。

家電量販店の修理サポートからの着信は、記事にした。

おそらく、こことの意思疎通ができていなかったんだろう。

「お見積りをご提示いたしましたが、お客さまのご意向として、修理を行わないとのご回答をお受けいたしました」という内容は、虚偽だ。

おそらく、、家電量販店の修理センタが、東芝の修理センタに、虚偽報告をしたのだろう。

修理受付をした実店舗の修理受付に対して、免責なしの3年保証で、修理に出しているにも関わらず、修理費用が発生する理由と、その金額の説明を求めた。

確認して折り返しますと言われ、待つこと数十分。

修理費用が発生する理由は、USB差込口の不具合が再現できないので、保証適用外となり、実費となるという説明。

実費となる費用は、45,000円程度。

修理に出したPCを返却された後に、聞かされてもな。

異物混入に関しては、除去されていた。

USB差込口のガタツキは、修理に出す前と比べて、安定しているような感じ。

分解して、組み立てた時に、不具合の症状がなくなったのではないだろうか?

実際に、内部を確認することはできないので、推測だが。

「お預かりした状態でご返却いたします」と記載されていたが、リカバリされた状態で返却された。

電源を入れて、立ち上がった時の画面がこれ。
2018080904.png

修理に出す直前の画面をキャプチャしてた。
2018071900.png

PCを修理に出すと、リカバリに同意する必要があるから、中のデータを、外付けHDDにコピーしたからな。

誠に残念なのは、俺のほうだ。

東芝さんを責めるつもりはないが、家電量販店の修理センタは、客の知らないところで、勝手なことを言うことがあると認識しておいたほうが良さそうだ。

再セットアップに、どれだけの時間が、かかるのだろう。

裏技的に入れるソフトもある。

でも、やっとこれで、Officeも使えるし、動画編集も速くなる。

サブPCは、リカバリして、次の事態が発生するまで、押し入れで眠ってもらう。
2018080905.png

えっ、一時期、使っていた「i7」のノートPCは、どこに行ったのかって?

そんなもん、売っ払ったよ。

年式が古いのと、新しいのとでは、違うからな。

ガラホには、通話録音機能がないから、証拠がない。

だから、家電量販店の名前は、記事には書けない。

誠に残念だ。

関連記事
         (最終更新:2018年08月10日(金)04時57分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。