淀川花火を約20km離れた場所から鑑賞した 2018年8月4日

2018年08月05日(日)04時51分
                 
撮影したのは兵庫県内の某所。

撮影機材は、いつものコンデジ。

クライマックス部分。

さすがに、規模が違う。

打ち上げ場所から、約20km離れた場所。

蚊取り線香は要らなかった。

蚊の居ない場所。

うらやましい。

見上げるのではなく、視線の高さで見渡せる。

コンデジだと、こういう動画になってしまうが、肉眼で見ると、鮮やかなものだった。

音声は消しているが、距離がある分、音が遅れて聞こえた。

個人的には、花火を見るということはしない。

今回、家族で、親戚んちに行った(呼ばれた)日が、淀川花火の日だった。

堪能させてもらった。

関連記事
         (最終更新:2018年09月29日(土)22時14分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。