当日有権者数の31.56%のうちの69.59%ってことか 2018年 和歌山市長選挙

2018年07月30日(月)04時51分
                 
ややこしいこと書くなって?

和歌山市長選挙 投票速報|和歌山市によると、当日有権者数が、309,958人。投票者数が、97,821人。

和歌山市長選挙 開票速報|和歌山市によると、当選者の得票数が、68,081票。

これを計算すると、タイトルの数値が出る。

相変わらず、投票率が低いな。

前回、2014年の投票率は、30.84%だった。

今回は、31.56%だった。

市議選であれ、市長選であれ、県議選であれ、知事選であれ、必ず、誰かの名前を書かなくてはいけないということではない。

行かずに棄権するのではなく、行って無効票を投じることができる。

候補者が2人でも、3択できる。

無効票を投じても、投票したことになる。

そんな無駄なこと…と思うかもしれないが、行かずに棄権するより、マシだろう。

街宣車で、名前を連呼するだけの候補者が、当選した。

俺は、白票を投じた。

当日有権者数の31.56%には、俺は含まれている。

最初から、結果の見えてる選挙だったからなぁ。

今回の市長選挙、18歳、19歳の投票率は、どうだったんだろう。

公表するかな?

次の選挙は、2018年11月の和歌山県知事選挙か。

そっちのほうが、盛り上がるかもな。

関連記事
         (最終更新:2018年07月30日(月)04時51分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。