和歌山交通公園付近の和田川右岸堤防道路の舗装に自転車タイヤが嵌まる隙間が…

2018年07月16日(月)05時53分
                 
隙間のないところ
P7156300.jpg

アスファルト舗装に亀裂の入ってるところ
P7156301.jpg

約5センチの隙間ができているところ
P7156302.jpg

アスファルト舗装に亀裂の入ってるところや、約5センチの隙間ができているところでは、過去に、何が行われていたか。

和田川河川整備工事で、護岸に鋼矢板を打設したところだったり、(仮称)岡崎大橋のベントが設置されていたところなのだ。

H鋼を抜き挿し(実際には挿し抜き)すれば、何らかの影響はあるわな。

対岸(左岸堤防道路)の通行止めが長引けば長引くほど、右岸堤防道路を利用する車両も少なくない。

そろそろ、何らかの対策が必要ではなかろうか。

関連記事
         (最終更新:2018年07月31日(火)01時20分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。