年金事務所から「国民年金保険料」納付猶予通知が届いた 2018年7月14日

2018年07月15日(日)05時49分
                 
CCI20180714.jpg

全額免除でもなく、一部免除でもなく、納付猶予。

昨年もそうだった。

ということは、免除申請に出向く必要がないということだ。

納付猶予期間が、「平成30年7月~平成31年6月」と記載されている。

とりあえずは、一手間省けた。

でも、納付猶予は、老齢基礎年金額には反映されないから、将来的に、無年金となる可能性があるということだ。

自業自得だから、仕方のないこと。

つーか、「平成31年6月」ってあるのか?

新元号元年とか、西暦(2019年)のほうが、良かったんじゃないかと。

関連記事
         (最終更新:2018年07月15日(日)05時49分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。