前科があるだけではなく被疑者(予定者)の状態なのに…

2018年07月09日(月)05時45分
                 
「オマエに会わせたい人が居る。今から何処何処(食事のできる場所)へ来られないか?」という、知人からの電話があったのが、昨日の20時頃。

夕食は済んでいたし、「行く気はない」と言うと、「普通なら、金を積まなきゃ会えないような人なのに、もったいない。機会を逃すな。」と。

そう言われると、「相手は誰?」となるわな。

「会わせるまで名前は言えないが、議員だ。オマエのこれからの人生が変わるかもしれんよ。」と。

その知人、俺の過去を知っているし、被疑者(予定者)だということも伝えている。

予定を入れても、警察が、いつ捜索令状を持って、ガサ入れに来るかもわからない。逮捕にしろ、検挙にしろ、連行される。

リアル現実の知人には、約束をすっぽかした後、3日間、連絡が取れなかったら、逮捕され、勾留されていると解釈してくださいと伝えている。片手で数えられる人数だが。

と、同時に、通常逮捕なら、報道されるだろうから、確認しておいてほしいと伝えている。

検挙だったら、報道されないことのほうが多いだろうし、日帰りできるだろう。

そういう立場の俺を、どこの議員か知らないが、会わせるとは、どういうことだ?

身体検査とは言わないが、政治家は、付き合う人を調べるだろう。

俺の過去を知ったら、連れて行った知人も恥をかくことになる。

それ以前に、俺は、議員というものを信用していない。

そっちの世界に、人脈なんか要らない。

そっちの世界じゃなくても、要らない。

裏方的な後方支援なら、いくらでも協力するが、表に出さないでほしいと断った。

友人ではない、付き合いが古いだけの、ただの知人。

底辺の世界を満喫している俺に、人脈なんて必要ない。

面倒なだけだ。

2018年5月21日の記事(「逮捕」か? 「検挙」か? どうやら今回は現実味があるような…)に書いたが、二種類ある罪の、どちらかのはずだが、公訴時効を調べたところ、3年or6ヶ月なのだ。

つまり、某所から、俺のログを持っていった日を基準として、6ヶ月を超えると、重いほうの罪になる可能性もあるが、そうなれば、在宅事件となる可能性も高くなる。

極端な話、公訴時効が3年の罪だったとして、2年11ヶ月目に、逮捕なんて、そんな話にはならないだろうと推測できる。

6ヶ月を超えるまで、あと4ヶ月ある。

仮に、在宅事件であっても、正式裁判を要求するけど。

どうせやるなら、とことんやる。

いつガサ入れに来てもおかしくない状態が、ずっと続いている。

こんな俺を、議員に会わせるだと?

何を血迷ったことを…と言いたいのは、俺のほうだ。

関連記事
         (最終更新:2018年07月09日(月)05時45分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。