メールも届き広報紙も届く どちらか選択できればいいのに… 骨髄バンクからの郵便物 2018年7月6日

2018年07月07日(土)05時45分
                 
文字起こしはしないが、2018年7月4日、こんなメールが届いた。
2018070620.png

そして、昨日(2018年7月6日)、こういう郵便物(ゆうメール)が届いた。
CCI20180706.jpg

日本骨髄バンクニュースと、「ご寄付のお願い」と記載された払込票の付いたチラシが入ってた。
CCI20180706_0001.jpg

2017年12月9日の記事(ドナー登録者に「ご寄付のお願い」って…)の最下部に掲載した内容と、今回とでは、ちょっと違っている。

骨髄バンクニュースの郵送を止めていても、12月号だけは、ドナー登録者全員に郵送されるはずだったのが…、
CCI20180706_0002.jpg
(骨髄バンクニュース・52号の裏表紙より引用)

ドナーに登録して、必要な時に協力する。というのと、ドナー登録者に寄付をお願いする。というのとは、違うと思うけど。

骨髄バンクニュースを製作するのも、郵送するのも、それなりの金額が必要なはず。

48万5810人分となると、とんでもない額になるんじゃないかな?

寄付する気もないし、読まない。

ドナーとして必要な時に協力する。

それだけなんだけど、それだけじゃダメなのかな?

関連記事
         (最終更新:2018年07月07日(土)05時45分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。