FC2IDに不正アクセスされたが被害状況が特定できない 2018年7月3日

2018年07月04日(水)05時50分
                 
2018070301.png

このブログを登録している、FC2IDに、2018年6月30日に、第三者から、不正アクセス(不正ログイン)された。

管理画面から、FC2ユーザーサポートに対し、不正アクセスした人物が、どのページにアクセスしたのか、情報開示を求めたら、「法的執行のできる機関からの正式な依頼」が必要とのこと。

つまり、不正アクセスされたという被害申告が必要で、それを行ったところで、被害が特定できないと、警察も動きようがないだろう。

アカウントを乗っ取られた訳でもなく、ブログが削除されたということでもない。

不正アクセスを認知した時点で、登録メールアドレスとパスワードを変更した。

ただ、俺の通信環境からのアクセスではないことは確かだということ。

何らかの被害が発生しているかどうかは、定かではない。

まだ、警察に相談していないが、上記画像は、任意提出する際の証拠となるものだから、黒塗りをしている。

ちょっと気になるのは、不正アクセスが成功する数時間前に、アクセス攻撃を受けている。

20分26秒間に203回のアクセス 2018年6月30日15時58分から16時18分等

この際に使用されたIPアドレスと、不正アクセスに使用されたIPアドレスは異なるが、経由プロバイダが同一なのだ。

単なる偶然とは思えない。

俺は、IDやパスワードの使い回しはしない。

ということは、どこから、ログイン情報が流出したのか?

謎は深まるばかりだが、被害状況が、わからない以上、どうしようもない。

しかも、不正アクセスで、ログインに成功したIPアドレスから、ブログの閲覧はなされていない。

何らかのアクセスがあれば、解析からの判断も可能なのだが。

それにしても、不正アクセスされた俺(のID)から問い合わせしても、どのページにアクセスされたのか、教えてもらえないというのも、困ったもんだ。

FC2IDのアカウントアクティビティは、こまめに確認しなければ、アカウント乗っ取りなどの被害が発生するかもしれないし、最悪の場合、ブログを削除されるかもしれない。

注意しておかなければいけないということだろう。

関連記事
         (最終更新:2018年07月04日(水)20時13分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。