深夜に和田川の取水堰を開放に行く委託者は大変だよな 2018年6月30日未明

2018年07月01日(日)05時45分
                 
2018063001.png
引用元…http://kasensabo02.pref.wakayama.lg.jp/suii/300/309/309.html

広見橋 水位観測所の下流に、石関橋かある。そのすぐ下流に、取水堰がある。

稲作シーズンは、堰は閉じられ、普段はこう。
P6175161.jpg

大雨で水位が上昇すると、こうなる。
P6245362.jpg

これって、遠隔操作ではない。

詳細は控えるが、委託された地域組織の人が、開閉作業に出向いている。

未明に届いた「防災わかやま メール配信サービス」は、こうだ。
--
竜巻注意情報(30日00時09分発表)

和歌山県北部は、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。

この情報は、30日01時20分まで有効です。

対象地域
紀北、紀中
--
警報・注意報(30日00時48分発表)

和歌山市
大雨注意報(発表)
雷注意報(継続)
強風注意報(継続)
波浪注意報(継続)
--
雨量情報(60分雨量)

■岡崎雨量局
 海草振興局
 和歌山市

2018/06/30 00:50
60分雨量:29mm

詳細は、
http://kasensabo02.pref.wakayama.lg.jp/
をご覧下さい。

本メールで配信される雨量情報について
http://b-web.bousai.pref.wakayama.lg.jp/wpddb_m/common/rain.html
--
河川水位情報

■広見橋水位観測所
 和田川
 海草振興局建設部
 和歌山市

2018/06/30 01:00
水位:1.90m
※水防団待機水位を超えました。

はん濫危険水位: 2.70(m)
避難判断水位 : 2.20(m)
はん濫注意水位: 2.00(m)
水防団待機水位: 1.80(m)

詳細は、
http://kasensabo02.pref.wakayama.lg.jp/keitai/suii/301309.html
をご覧ください。

本メールで配信される河川水位量情報について
http://b-web.bousai.pref.wakayama.lg.jp/wpddb_m/common/water.html
--
河川水位情報

■広見橋水位観測所
 和田川
 海草振興局建設部
 和歌山市

2018/06/30 01:30
水位:1.29m
※水防団待機水位を下まわりました。

はん濫危険水位: 2.70(m)
避難判断水位 : 2.20(m)
はん濫注意水位: 2.00(m)
水防団待機水位: 1.80(m)

詳細は、
http://kasensabo02.pref.wakayama.lg.jp/keitai/suii/301309.html
をご覧ください。

本メールで配信される河川水位量情報について
http://b-web.bousai.pref.wakayama.lg.jp/wpddb_m/common/water.html
--
防災わかやま
メール配信サービス

警報・注意報(30日02時28分発表)

和歌山市
大雨注意報(解除)
雷注意報(継続)
強風注意報(継続)
波浪注意報(継続)
--
県が設置した雨量計のデータは、こうなっている。
2018063002.png
http://kasensabo02.pref.wakayama.lg.jp/mainTableUryo300.html

和田川に関係する雨量の観測点は、「塩ノ谷」と「岡崎」。

最大60分雨量は、「塩ノ谷」では、06/29 24:00-01:00に、33mm。「岡崎」では、06/29 24:00-01:00に、38mm。

和歌山市に、大雨注意報が発表されたのは、30日00時48分。

注意報や警報を発表するのは、気象台。

同じ頃、和歌山地方気象台では、注意報を発表する必要のない雨量しか観測されていなかった。

雨雲レーダー(和歌山) - ウェザーニュースでは、こうなっていた。
2018063003.png

2018063004.png

2018063005.png

2018063006.png

2018063007.png

同じ和歌山市内でも、局地的に降ると、こういうことになる。

竜巻注意情報は、防災行政無線で伝えられない。

メールサービスに登録している人にしか伝わらない。

しかも、深夜だと、気付く人も少ないだろう。

危険を煽るつもりはないが、和田川の改修工事は、道半ばであって、2017年10月や2012年6月のような広範囲の浸水は、いつ起きてもおかしくない状況に変わりはない。

取水堰の移設工事が完了するのは、2019年度中と聞いている。

米田排水機場が完成するのは、今年(2018年)度末と聞いている。

でも、山東・東山東地区の浸水対策の完了時期は、聞こえてこない。

いずれにしても、何が起きても不思議ではないってことだろう。

登録しておいたら便利かも。→防災わかやまメール配信サービス

ちなみに、このニュース、2018年6月29日は、なかったもんな。
30日夜にかけて大気不安定|NHK 和歌山県のニュース
【魚拓】30日夜にかけて大気不安定|NHK 和歌山県のニュース
----
(配信前追記)
昨夜も降ってくれるかなと期待したのだが、雷鳴だけで、降らなかった。

2018063009.png

2018063010.png

局地的って言葉が、ピッタリだな。

関連記事
         (最終更新:2018年09月29日(土)21時52分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。