報道機関で内容が違う どっちが正しいんだ? 市議のグリーン車料金訴訟(随時追記あり)

2018年06月28日(木)05時45分
                 
報道リンク
和歌山県内ニュース 市議が旅費の差額返還を要求し訴え│テレビ和歌山
【魚拓】和歌山県内ニュース 市議が旅費の差額返還を要求し訴え│テレビ和歌山

提訴:和歌山市議、グリーン料金巡り 差額返金拒まれ、地裁に /和歌山 - 毎日新聞
2018062701.png
紙面ビューアーより引用

テレビ和歌山のニュースは、「片道100キロ以上の出張」と掲載されている。

毎日新聞の記事は、「市内の鉄道駅から片道70キロ以上の出張」と掲載されている。

「和歌山市議会議員の議員報酬等に関する条例」に、こういう条文がある。
--
(費用弁償)

第3条 議員が公務のため旅行するときは、和歌山市職員等旅費支給条例(昭和28年条例第14号)に規定する市長に支給する額に相当する額を費用弁償として支給する。
--
で、和歌山市職員等旅費支給条例に、こういう条文がある。
--
(鉄道賃)

第13条 鉄道賃の額は、次の各号に規定する旅客運賃(以下この条において「運賃」という。)、急行料金及び特別車両料金並びに座席指定料金による。

(1) その乗車に要する運賃

(2) 急行料金を徴する列車を運行する線路による旅行の場合には、前号に規定する運賃のほか、急行料金

(3) 市長、副市長、常勤の監査委員及び公営企業管理者(以下「市長等」という。)が特別車両料金を徴する客車を運行する線路による旅行をする場合には、第1号に規定する運賃及び前号に規定する急行料金のほか、特別車両料金

(4) 座席指定料金を徴する客車を運行する線路による旅行の場合には、第1号に規定する運賃、第2号に規定する急行料金及び前号に規定する特別車両料金のほか、座席指定料金

2 前項第2号に規定する急行料金は、次の各号のいずれかに該当する場合に支給する。

(1) 特別急行列車を運行する線路による旅行で片道100キロメートル以上(和歌山市内の駅から乗降する線路による旅行については、片道70キロメートル以上)のもの

(2) 普通急行列車を運行する線路による旅行で片道50キロメートル以上のもの

3 第1項第4号に規定する座席指定料金は、特別急行列車又は普通急行列車を運行する線路による旅行で片道100キロメートル以上(特別急行列車に和歌山市内の駅から乗降する線路による旅行については、片道70キロメートル以上)のものに該当する場合に限り、支給する。
--

ということは、内容的には、どちらも正しいということになるのだが、詳細な説明を付けている、毎日新聞のほうが、親切な記事ということになるのだろう。

気になるのはそっち?と聞こえてきそうだが、使わなかった費用が返金できないのは、おかしいと思う。

大垣市議会議員のブログがある。(勝手リンク)
大垣市議会議員グリーン車料金裁判 | 大垣市議会議員 中田としやのホームページ

この訴訟に沿った判決が出るのかどうか?

Yahoo!路線情報のスマートフォンアプリ「Yahoo!乗換案内」で、JR和歌山駅からJR大垣駅までの運賃を比較してみた。

指定席で検索
Screenshot_2018-06-27-15-04-46.png

グリーン車で検索
Screenshot_2018-06-27-15-05-22.png

片道3時間程度の移動で、「疲労軽減のため」(毎日新聞の記事内容)というのは、市民感覚とズレているような気がする。

13,000円のために、どれだけの弁護士費用が、市民の税金から支出されるのだろう。

条例改正されていれば、こういう訴訟すら必要なかったのでは?と思うが。

ちなみに、大垣市の現在の条例は、こうなっている。
--
(鉄道賃)

第10条 鉄道賃の額は、旅客運賃及び急行料金並びに座席指定料金による。

2 特別車両料金を徴する客車を運行する線路による片道100キロメートル以上の旅行をする場合には、前項に規定するほか、特別車両料金を支給する。ただし、当該料金の請求がない場合は、支給しない。

3 第1項に規定する急行料金は、急行料金を徴する列車を運行する線路による旅行で、次の各号のいずれかに該当する場合に限り支給する。

(1) 特別急行列車を運行する線路による旅行で片道100キロメートル以上のもの

(2) 普通急行列車を運行する線路による旅行で片道50キロメートル以上のもの

4 第1項に規定する座席指定料金は、座席指定料金を徴する特別急行列車及び普通急行列車を運行する線路による旅行で、片道100キロメートル以上の場合に限り支給する。
-
(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

(大垣市職員の旅費に関する条例の一部改正に伴う経過措置)
--
(参考リンク)
大垣市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例
大垣市職員の旅費に関する条例
----
(追記 2018年7月25日)
和歌山地方裁判所に確認したところ、2018年9月4日(火)午後2時から、202号法廷で、初公判が予定されているとのこと。

小さな法廷だから、満員になるかもな。
----
(追記 2018年9月4日)
和歌山地方裁判所に確認したところ、2018年9月4日(火)午後2時から、202号法廷で、予定されていた初公判が、台風で弁護士が到着困難という理由で、延期になったとのこと。

ただ、現時点では、初公判期日は、未定とのこと。

事件番号がわかった。「平成30年(行ウ)第5号」とのこと。

事件番号がわかれば、問い合わせが簡単になる。

この記事を、随時追記記事に変更する。
----
(追記 2018年9月14日)
和歌山地方裁判所に確認したところ、初公判期日は、2018年9月28日(金)午前10時10分から、202号法廷で行われるとのこと。

あっ、金曜日だ。

傍聴に行けない。

初公判って、数分で終わるものだから、ま、いいか。
----
(追記 2018年9月28日)
傍聴に行った知人の情報によると、20人程度の傍聴者があり、報道関係者が、多数居たとのこと。

次回は、2018年12月4日(火)10時30分から、弁論準備が行われるとのこと。

弁論準備は、非公開。

(報道リンク)
林和歌山市議が和歌山市を訴えた裁判の公判があった - 和ネットニュース
グリーン車料金一律支給巡る訴訟、市側は争う姿勢 | WBS和歌山放送ニュース


関連記事
         (最終更新:2018年09月28日(金)22時36分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。