深夜に届いた「宅急便お届けのお知らせ【受取りの日時や場所をご指定ください】」メール(追記あり)

2018年06月27日(水)05時48分
                 
こんなメール、深夜に送られてもなぁ。
2018062603.png

荷物の状況をスマホアプリで確認したら、どうやら、午後の便で到着しそうだ。
Screenshot_2018-06-26-09-46-12.png

ネット通販業者からの発送完了メールは、掲載しないが、16時50分に届いている。

16時23分に、ヤマト運輸に引き渡されているから、妥当な時間だ。

ちょっと面白いのは、品名が、商品名ではなく、「数字」。依頼主名が、ネット通販業者名ではなく、「(発注者:俺)様ご依頼様」だって。

どんな送り状で、荷物が届くんだろう。

そうだ、届かないんだ。

ネット通販業者からの発送完了メールが届いた時点で、引き取り(留置変更)依頼しているから、取りに行かなきゃな。

これが、近距離発送で、配達される荷物だったら、受取りの日時や場所を指定変更すると、ドライバーさんは、慌てることになりかねない。

随分前の話だが、インターネットで、受取りの日時を指定変更したら、その通知が、翌朝に、営業所に入った時、既に、ドライバーさんが荷物を持ち出していて、間に合わなかったという経験がある。

そのやり取りで、一般公開されていない営業所の電話番号を知ってしまったから、今では、直接、留置変更の電話を入れている。

こういうメールは、せめて、ヤマト運輸の営業所の営業時間内に送信してもらいたいものだ。
----
(追記 2018年6月28日)
荷物を引き取りに行ってきた。

こんな送り状
P6285439.jpg

品名が、数字って怖いな。

依頼主欄も、住所が差出業者の住所と業者名。氏名が、「(発注者:俺)様ご依頼」になっている。

関連記事
         (最終更新:2018年06月28日(木)15時06分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。