岡崎変電所周辺で新たな宅地造成工事が… 2018年6月(追記あり)

2018年06月21日(木)05時51分
                 
場所はここ。(2017年5月のストリートビュー)
https://goo.gl/maps/SX1RWdyuC942

田植えが終わった、この時期に、元々、田んぼだった土地が、草むら状態になっているところは、宅地造成されると考えられる。

ドラレコ映像からキャプチャした画像がこれ。
2018062004.png

2018062003.png

2018062005.png

設置されている看板は、次回の定例記事の撮影時に確認しておく。

ここは、安原地区になる。

2019年の春に、和歌山南SICが完成し、都市計画道路も整備されるから、利便性は良いだろう。

徒歩数分で、和歌山電鉄貴志川線の岡崎前駅に行ける。

ただ、徒歩圏内に、コンビニはあるが、スーパーマーケットはない。

徒歩圏内に中学校もあるし、それなりのレベルの県立高校もある。

それにしても、田んぼが次々と宅地に変わっていく。

高速道路のSICとアクセス道路の整備で、こんなに変わるものなんだな。

詳細がわかれば、追記する。
----
(追記 2018年6月24日)
画像追加
P6245346.jpg

P6245347.jpg

P6245348.jpg

分譲住宅17戸と貸店舗(介護用品販売)1棟となっている。

詳細は、画像参照。


関連記事
         (最終更新:2018年06月24日(日)13時44分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。