パスワードハッキング

2014年04月25日(金)06時47分
                 
床屋での話

隣の客と店員の会話なんだけど、何者かにメールアドレスのパスワードをハッキングされ、被害に遭ったらしい。

誰にも教えていないのにどこから流出したのかがわからない…とやや興奮気味な客。

くだらない話だなと思いつつ、「IDとパスワードを使いまわしていませんか?」と聞いてみた。

客「えっ?駄目なの?」

私「駄目でしょ。メールアドレスがハッキングされたということは、受信メールを片っ端からクリックされたら、全部、不正アクセスされちゃうよね?」

客「あ゛」

自分だけは大丈夫と思ってるのでしょうね。

いつだったか、「遠隔操作ウイルス事件」がありましたよね。

誤認逮捕された被害者の方々に共通しているのは、「一方的に攻撃を受けたわけではなく、ウイルスが入った不正なプログラムを知らないうちに自らダウンロードして、実行している。」ということ。

引用…http://www.pc-webzine.com/modules/bulletin1/?is=201212

誤認逮捕ばかりが大々的に報道され、肝心な部分がほとんど取り上げられていなかったような気もするのですが、自分の身(PC)は、自分で守らないとね。

不正アクセス事件で有罪になった私が、こういうことを言っても、全然説得力がありませんが。

参考になりそうな記事を見つけたので張っておきます。

セキュリティ対策にはまず敵を知れ、「パスワードはどうやってハッキングされるのか?」 : ライフハッカー[日本版]
http://www.lifehacker.jp/2010/04/100401passwordcrack.html

関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時16分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。