菜園の害虫 2018年は例年に比べてパワーアップ…?

2018年05月29日(火)06時05分
                 

害虫を飼育してどうすんだ?という声も聞こえてきそうだが、今年の菜園の害虫は、育ちが早い。

野菜用の殺虫剤で、害虫を寄せ付けなくする方法もあるが、少なからず、収穫した野菜にも影響があるので、そういうのは使いたくない。

かと言って、踏み潰すのもちょっと…。

野に放てば、菜園に戻ってくる。

例えば、ダンゴムシ、今年は大きい。

アオムシは、まだ幼虫だが、いずれは大きくなるだろう。

最近、収穫した野菜を喰い荒らした害虫たちを、喰い荒らした野菜と一緒に、飼育ケースに入れてみた。

畝で害虫を見たら、捕まえて、どんどん入れていく。

動画にも、どんどん出演してもらう。

でも、YouTubeの収益化ができなくなったから、108円の飼育ケースの費用が捻出できない。

108円のと324円のがあったが、108円のほうにした。

窮屈でごめんね。

これだけの餌があれば、当分は、困らないだろう。


関連記事
         (最終更新:2018年05月29日(火)06時05分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。