最近のYouTubeを見て思うこと 2018年5月23日

2018年05月24日(木)06時10分
                 
一言で言うと、「酷いもんだ」。

こういうページがある(ブログ記事・勝手リンク)
YouTubeの収益化条件が2018年2月20日変更!規約内容がむしろ歓迎な理由とは | 自信がないあなただから夢が叶う!やりたいが見つかってお仕事にしていく動画カフェ

説明を省略するために、リンクを張ったのだが、俺のチャンネルも、YouTubeの収益化ができなくなった。

収益化できないなら、できないなりの使い方をしているので、まぁ、それはいい。

最近、YouTubeを見て、質(タチ)の悪い動画が増えたなと感じる。

例えばこれ。(PC画面キャプチャ)
2018052301.png

共有できる設定になっているから、埋め込んでおく。
(共有)

フェイクだな。

でも、記事執筆時点の「視聴回数 175,307 回」、凄いもんだ。

これだけではない。

テレビドラマの「コード・ブルー - YouTube」。

視聴画面に、広告が出ているということは、収益化できているということだろう。

何かを削ることで、著作権法を、上手く回避しているのだろうけど、YouTube運営側は、どう思ってるんだろうな?

バッサリと削除され、アカウント剥奪されてもおかしくない動画が、たくさんアップされている。

著作権の権利者が、削除依頼を出さない限り、こういう状態は続くだろう。

視たくて視てる訳ではない。

アップするのにログインしたら、「あなたへのおすすめ」と表示されるんだから。

少なくとも、「収益化の要件を厳格化」が、実現されているとは、到底思えない。

えっ、皆さんの表示と、違うって?

そういうのは、ご自身で、お調べ下さい。

PCブラウザは、Firefoxを使っています。

関連記事
         (最終更新:2018年05月24日(木)06時10分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。