栽培に失敗した無残なキャベツを収穫したが… 2018年5月17日

2018年05月18日(金)06時00分
                 
2018年5月16日の記事(2018年2月20日に定植したキャベツが…)の続き。

防虫ネットは、役に立たなかった。
P5174120.jpg

P5174121.jpg

P5174122.jpg

害虫たちは、キャベツの底に居た。

野菜というより、害虫の住処になっていた。
P5174123.jpg

P5174124.jpg

P5174125.jpg

P5174126.jpg

P5174127.jpg

P5174128.jpg

P5174129.jpg

P5174130.jpg

P5174131.jpg

P5174132.jpg

P5174133.jpg

10連の苗を購入し、定植した後、1個が枯れて消失。その後、2個の苗を購入し定植したから、13個の苗を植えて、辛うじて持ち帰れたのが5個。

2個は、まだ畝にある。

5個は、廃棄処分。

で、撤去した畝を軽く耕してみたら、土の中から、出てくる出てくる。
P5174135.jpg

P5174136.jpg

野に放してしまうと、他の野菜も喰われる。

一旦、空き缶に入れて、処遇は考えることにする。
P5174142.jpg

先ずは、動画出演だ。

キャベツは、秋に植える品種のほうが、育てやすいようだ。



関連記事
         (最終更新:2018年05月18日(金)06時00分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。