事件報道に「容疑者の生い立ち」なんか必要か?

2018年05月16日(水)06時20分
                 
23歳で、ある意味、人生が終わってしまった殺人事件の報道。

同じような内容のニュースや、報道バラエティ番組で、面白おかしく放送されているのも飽きた。

見たくて見ているということではないが、自然と、聞こえてくる。

ただ、今回の事件に限ったことではないが、「容疑者の生い立ち」や、趣味や性格、直近の勤務状況などの情報って必要?

そんな報道を、被害者の親族が、見聞きしたら、どう思うだろう。

こんな凄惨な事件を起こしたのだから、余計な情報は要らない。

亡くなられた被害者のことだけで充分だ。

事件を起こすまで、どれだけ善人であろうが、今は、悪人なんだから。

裁判員裁判で、どんな量刑になるのか知らないが、人生、終わったも同然。

情状酌量の余地もないだろう。

ただ、この国の、マスコミも、レベルが低いなということだけは、理解できた。

関連記事
         (最終更新:2018年05月16日(水)06時20分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。