「Windows 10 April 2018 Update(Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラム)」に失敗し「リカバリ」する羽目に… 2018年5月2日(追記あり)

2018年05月03日(木)06時00分
                 
使う人に似るのかね?

一昨日(2018年5月1日)の夜、就寝前に、「Windows Update」が表示された。

普段なら、就寝中は、PCの電源を切るのだが、就寝中にアップデートされるだろうと、そのまま放置した。

朝、PCを見ると、こんな画面。
2018050201.png

マジかよ…。
2018050202.png

その後、こういう表示となり…
2018050203.png

履歴確認したら、アップデートに失敗していた。
2018050204.png

その後も、なかなか進まず…。
2018050205.png

2018050206.png

2018050207.png

2018050208.png

2018050209.png

2018050210.png

2018050211.png

10時40分に出かける用事があったため、Windows Updateを断念し、リカバリを実行。
P5023697.jpg

P5023698.jpg

12時45分に帰宅した後、家族が使用しているPCは、どうなのかを試してみた。

先ず、母親が使用しているデスクトップPCを手動で、Windows Updateを実施。
2018050221.png

2018050222.png

2018050223.png

2018050224.png

2018050225.png

1時間弱で、「Windows 10 April 2018 Update」が、完了した。

そして、親父が使っているノートPCも手動で、Windows Updateを実施。
2018050231.png

2018050232.png

2018050233.png

2018050234.png

2018050235.png

1時間半程度で、「Windows 10 April 2018 Update」が、完了した。

俺のPCは、いつになったら使えるんだ?

「Windows Update」に耐えられないって、どうなんよ?

リカバリにも時間がかかるし、その後の各種ソフトの再設定にも時間がかかる。

サブPCを引っ張り出して、記事を書いている。

「Windows Update」に耐えられないPCは、寿命だと聞いたことがある。

親父が使用しているノートPCは、購入してから1年弱。

母親が使用しているデスクトップPCは、XP時代の末期に購入し、アップデートを繰り返しながら、ずっと使えてるというのに。

俺がメインで使用している、8の時代に購入したノートPCが、耐えられないってどうなんよ?

で、リカバリが完了したのが、16時27分。
P5023702.jpg

2018050220.png

バージョンは、古いまま。
2018050215.png

その後、自動的に、「Windows Update」が始まったが…
2018050216.png

やはり、更新に失敗し、できないことを延々と繰り返してくれている。
2018050217.png

2018050218.png

2018050219.png

俺のノートPCは、バカなのか?

できないことをできないと判断し、できないアップデートを繰り返さずに、自動的に中断するということをしないのか?

もう一度、リカバリを実行し、「Windows Update」を手動で行う設定に変更して、使うしかなさそうだ。

ただ、最初のリカバリに、6時間も要している。

もう一度、リカバリすると、記事配信時刻に間に合わなくなるだろうから、俺のノートPCは、「Windows 10 April 2018 Update(Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラム)」が、適用できなかったという結論だ。

記事を書いているサブPCは、目が疲れる。

困ったもんだ。
----
(追記 2018年5月9日)
今、俺が使っているノートPCは、メイン用が、2015年秋冬モデルのT社のノートPCと、サブ用(普段は押入れに眠っているが)、2014年春モデルのG社のノートPC。

実は、G社のノートPCには、「Windows 10 April 2018 Update(Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラム)」は、表示されなかった。

で、リカバリを行い、完了後に、手動で「Windows Update」を実施したところ、あろうことか、「Windows 10 April 2018 Update(Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラム)」がインストールできたのだ。

16倍速に編集した動画を公開する。

知人から、PCの買い替え相談を受け、処分を依頼されたメイン用は、依頼者の目の前で、リカバリを施し、廃棄処分せずに、俺が使うことを了承してもらったのだが、何らかの不具合が頻発していた可能性が考えられる。

すべての出来事を、ブログ記事にしているということではないので、整合性が取れないことは多々あるのだが、まだ使えるものを廃棄するのはもったいない話。

でも、2015年秋冬モデルのT社のノートPCは、リカバリ後の「Windows Update」でも、「Windows 10 April 2018 Update(Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラム)」のインストールに失敗し、再度、リカバリを行った。

当初の記事を含めて、二度もリカバリを行ったということ。

ダメなものはダメということだ。

笑うに笑えない話だが、もう、笑うしかないわな。

メイン用PC
2018050810.png

サブ用PC
2018050809.png

関連記事
         (最終更新:2018年09月29日(土)21時24分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。