長靴の丈が微妙に違うことに気付いた 2018年4月30日

2018年05月01日(火)06時15分
                 
どちらもワークマンで購入した長靴。

天候を問わず、野良仕事の時は、長靴を履いている。

ただ、雨天時や農業用水路に入って作業する時に履く長靴と、それ以外の時に履く長靴は、使い分けている。

2017年11月17日の記事(高価な長靴も短命だった)にも書いたが、水没する長靴なのだ。

近々、地域である側溝清掃時は、水没しない長靴を履いていく。

2種類の長靴の丈の違いに気付いた。

P4303681.jpg

P4303682.jpg

P4303683.jpg

これくらい、どうってことないだろうと思われるかもしれないが、実際に、水深の深いところに入れば、違いがわかる。

新しいのを買う時って、古いのと比較しないから、意外と気付かないもの。

最新のカタログを見ると、どちらの商品も掲載されていない。

型落ち商品でも、店舗にはあるかもしれないが。

関連記事
         (最終更新:2018年05月01日(火)06時15分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。