Amazon(アマゾン)って使い勝手が悪いな

2018年04月30日(月)06時29分
                 
自慢じゃないが、ネット通販最大手のAmazon(アマゾン)、存在は知っていたが、実は、生まれて初めて使った。

普段、ネット通販を使う時、送料や手数料など、コミコミで最安値の店舗を探して購入する。

Amazon(アマゾン)って、決して安いという訳ではない。

でも、たまたま、最安値だったので、使ってみた。

配達方法で、ヤマト運輸の営業所留めが指定できるのが便利だと思ったのが、大きな間違いだった。

届いたメールに記載されているリンク先のページに記載されている内容が、誤解を招く。

荷物の受け取りに、認証キーが必要と誤認する。
2018042903.png

こういうややこしい表示がなければ、朝8時に、ヤマト運輸の営業所に出向くことが可能だった。
2018042902.png

しかもこれ、一般的に、営業所留めの荷物に記載する受取人の連絡先は、受取人の電話番号が記載されるべきもの。

ところが、「0570」で始まるナビダイヤル。しかも「0570-200-000」は、ヤマト運輸のサービスセンターの電話番号。
P4293361.jpg

こんなことになるんだったら、自宅への配達扱いにしておくべきだったかも。

しかし、Amazon(アマゾン)の荷物は、ヤマト運輸だけではなく、日本郵便も扱っている。

大型商品のみ、佐川急便の扱いになると聞いた。(佐川急便のドライバーさんから直接)

日本郵便だと、留置変更ができない。

ヤマト運輸なら、留置変更が可能だ。

便利だと思ったサービスが、実は、もの凄く不便なものであったという、笑うに笑えない経験をさせてもらった。

ここを見なかったのか?と言われそうだが、見ないわな。
Amazon.co.jp ヘルプ: 店頭受取について

何事も、経験することで、学習できる訳だが、Amazon(アマゾン)は、もう使うことはないだろう。

関連記事
         (最終更新:2018年04月30日(月)06時29分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。