「複数回献血クラブ」を装った不審なメールに要注意

2018年04月30日(月)06時10分
                 
受信メールに記載されている差出人のメールアドレスや、本文中に記載されているメールアドレス、ウェブサイト等に記載されているメールアドレスが、本物とは限らないということだ。

悪用されると困るので、詳しいことは書かないが、過去に、こういうことがあった。

このブログでも記事にした。

2018年3月23日の記事(和歌山県警のメールアドレス 「wakayama」ではなく「walayama」に?(追記あり:改善済み))が、良くも悪くも、一例となる。

正しいメールアドレスを記載しているのに、クリック(タップ)することで、誤ったメールアドレス宛で、メールソフトが起動され、送信されてしまうことができる。

県警の場合は、ホームページリニューアル時の、入力ミスということになるのだが、悪用する輩は、この手法を用いる。

何が正しくて、何が間違っているのか?という判断は、難しいかもしれないが、「複数回献血クラブ」と「LINE」は、別個のもの。

騙されませんように…。

注意喚起メール
2018042904.png

ある意味、こういうメールも如何なものか?と思うけど。
Screenshot_2018-04-29-14-14-47.png

メールアドレスが、リンクされてるってどうなんよ?とも思うが。
Screenshot_2018-04-29-14-14-58.png

関連記事
         (最終更新:2018年04月30日(月)06時10分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。