ドコモガラホ「P-01J」って低品質端末だな

2018年04月28日(土)06時15分
                 
ガラケーの後継端末が、ガラホ。

俺は、通話専用端末として使っている。
screenshot-20180427.png

過去記事にもあるが、2015年5月に、ガラケーから、ドコモスマホ「F-02G」に契約変更(端末購入)し、23ヶ月間使った後、ドコモガラホ「P-01J」に機種変更した。

そして、白ロム化したドコモスマホ「F-02G」に、楽天モバイルのSIMカードを契約し、通信専用端末として使っている。

経費削減のため、月額380円(税抜)の「ケータイ補償サービス」は、契約していない。

機種端末の利用期間は、ちょうど1年。

既に、一年間の保証期間は、過ぎている。

ドコモガラホ「P-01J」 着信音が鳴らない不具合に見舞われた 2018年3月15日」にも書いたが、発着信ができない不具合が頻発している。

その記事を書いた時点では、端末再起動をすることによって、不具合は解消していたのだが、最近は、端末再起動を行っても、改善されないこともある。

就寝中に充電しているので、毎朝、端末再起動を行い、かつ、発着信テストも行っている。

「111」に発信し、「只今から着信試験を行います」というアナウンスが流れると、一旦、切断する。
Screenshot_2018-04-28-00-49-22.png

数秒後、「通知不可能」で、着信があり、「只今、着信試験を行っています」というアナウンスが流れる。
Screenshot_2018-04-28-00-49-35.png

こういう余計な確認を行っている。

ドコモ151に問い合わせると、端末再起動とSIMカードの抜き差しを勧められる。

根本的な解決策ではないが、仕方がない。

あと1年使わなければ、端末分割金の借金が残ることになる。

しかも、ドコモと契約しておかなければ、ファミリー割引での家族間通話がなくなってしまう。

家族と5分間以上の通話をすることは皆無だが、まさか、たったの1年で、こんなことになるとは、トホホな話だ。

ちなみに、ドコモスマホ「F-02G」をドコモ契約で使っていた23ヶ月間に、通話関連でのトラブルは全くなく、通信関連での軽微な不具合は発生したが、一度も修理に出すことなく、使えていたし、楽天モバイル契約でも、不具合は発生していない。

「F-02G」は、通算で、2年11ヶ月使っている。

「P-01J」は、最低4年間は、使えるだろうと思っていたが、どうやらそうでもなさそうだ。

あと1年、騙し騙し使ってみて、その後どうするか、考えることになるだろう。

それにしても、次から次へとトラブルに見舞われるもんだ。

関連記事
         (最終更新:2018年04月28日(土)06時15分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。