今の車って給油するタイミングが分かりづらい 2018年4月11日

2018年04月12日(木)06時05分
                 
俺の愛車は、2017年8月に新車で購入してもらった。

家族の送迎がメインであり、将来的に、この車だけが我が家の車になる予定。

後期高齢者の両親に、いつまでも運転させる訳にはいかない。

両親が兼用で使用している普通車は、今年、最後の車検を受ける。(新車購入から11年目)

あと2年、運転したいという強い希望がある。

それでも、目的地が狭い場所だと、送迎するのは、俺の役目。

話は逸れたが、両親が乗ってる車や、買い替え前の俺の愛車は、給油するタイミングが分かり易かった。

残量を針?で示してくれるほうが分かりやすい。

今の車は、こういう表示。

航続可能距離が、100kmを下回ったら、給油するよう、心がけている。
P4112871.jpg

満タン給油したら、こういう表示になった。
P4112872.jpg

平均燃費は、新車購入以来、過去最高の20.2km/Lとなっている。
P4112875.jpg

でも、実燃費との差は大きい。

別記事(2018年のガソリン価格推移と愛車の燃費記録(随時追記))に、記載しているが、今回の給油と、前回の給油は、ともに22km/㍑以上を記録している。

暖かくなると燃費は良くなり、寒い時期と暑い時期は燃費が悪くなるという販売店の説明は正しかったようだ。

でも、燃費表示が、信用できないと言っては、メーカーさんに失礼かもしれないが、案外、テキトーなんだなと。

前車は、燃料タンクが、40㍑だったが、今の車は、27㍑。

23.24㍑も給油できたということは、計算上、3.76㍑しか残っていないということになる。

平均燃費が20.2km/Lで、3.76㍑のガソリンで走行できる距離は、約76km。

いずれにしても、早めの早めの給油が必要ってことだろうな。

関連記事
         (最終更新:2018年04月12日(木)06時05分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。