ノートンセキュリティ そのまま更新すると損をする?

2018年03月22日(木)06時10分
                 
今、「ノートン セキュリティ プレミアム(1つの製品で、最大5台のパソコン、Mac、Android デバイス、iOS デバイスを保護)」というのがある。

3年前、ウイルスバスターからノートンに乗り換えた際、3年で最大3台という製品はあったが、3年で最大5台という製品はなかった。

家族3人で、4台のPC(親父が2台のPCを使い分けてる)。俺のスマホと母親のタブレットで合わせて6台だが、フレッツ光に、ウイルスバスターもどきのセキュリティソフトが付いてるから、ノートンとの契約は、3年で最大3台という製品と、追加インストール2台というもの。

PC画面の右下に、こういうのが表示された。
2018032101.png

キャンペーン価格を確認すると…
screenshot-20180321.png
22,054円になっていた。

しかし、ノートン セキュリティ プレミアムの3年で最大5台版(ダウンロード版)だと、18,986円で購入できる。

差額は、3,068円。

今の契約を継続すれば、残り期間を足してもらえるが、買い換えるとなると、有効期限の切れる日に、購入手続きが必要となる。

しかも、おそらく、契約継続を促す表示が頻繁に出るだろう。

契約継続するほうが得ならば、そうするが、この差額は小さくない。

どちらを選択するか?

我が家は、契約自体を乗り換える。

2018032102.png

それにしても、ややこしい。

どっちを選ぶかは、契約者次第だが、自動継続設定にしておくと、下手すれば損をすることもあるということだ。

ノートン製品希望小売価格⼀覧

↑と↓の価格差が微妙。




関連記事
         (最終更新:2018年03月22日(木)06時10分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。