「ビックカメラ」の「ナイトセール」は嘘っぱち?

2018年03月16日(金)06時05分
                 
商品価格は値引きされているが、ポイント付与率が、10分の1に設定されている。

果たして、どっちが得か?

商品価格を下げているから、「ナイトセール」は、わからなくはない。

しかし、ポイント還元を加味すると、実質、損することになる。

こういうのは、後になってから気付くもの。

こういうのも、後になってから気付くもの。
価格.com - 『ビックカメラのナイトセールは安くない』 デジタル一眼カメラのクチコミ掲示板

今回、注文した商品は、発注時点では、こうなっていた。
--
合計      (税込):5,756円
加算予定ポイント  :54ポイント
--

しかし、ナイトセール終了後に見たら、こうなっていた。

--
6,274円(税込)
ビックポイント 627ポイント (10%)
--

次回、ポイントが消滅するまでの2年以内に、ビックカメラで商品を購入する可能性があるなら、「ナイトセール」で商品を購入するのは避けたほうがいいだろう。

付与されるポイント分を差し引いた価格は、「ナイトセール」で、5,702円。通常価格では、5,647円となる。

「騙された」とは言わないが、「ややこしい」。

実際に支払った金額は、安かった。

家電量販店としてのビックカメラの実店舗は、和歌山県内にはない。コジマも撤退した。

ポイントには拘らないが、頻繁に利用するなら、「ナイトセール」という文言に騙されるかもしれない。

金額が高額になるほど、差額も大きくなるだろう。

価格ドットコムで、最安値だった複数店舗のうち、たまたま、ポイントを持っている店舗が、ビックカメラで、コジマポイントをビックカメラのポイントに移行したのが残ってたからというのもある。

利用する頻度で、どのタイミングで商品を購入するのが、一番お得なのか、考える必要があるってことだろう。

関連記事
         (最終更新:2018年03月16日(金)06時05分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。