「Google Play」から200円の返金があった

2018年03月01日(木)06時20分
                 
通信専用端末の、Androidスマホ(楽天モバイル契約)の通信速度測定アプリで、広告非表示にするため、2018年1月9日に、110円の単発課金したところ、200円、余分に引き落とされた。

ネット検索したところ、クレジットカード(デビットカード)決済を選択すると、「カードの有効性チェックのため残高より金額が差し引かれる場合がある」と掲載されていた。

余分に引き落とされた200円が、2018年2月24日に返金された。

つまり、何も手続きせずに、返金されるということだ。

これが、その履歴。
2018022601.png

大手キャリアの契約だと、携帯電話料金に加算されての支払いとなるので、余分な引き落としはされないが、格安スマホで、クレジットカード決済すれば、こういうことになる。

まぁ、このスマホも、いつまで契約しておくかはわからないが、端末が変わっても、SIMを解約したとしても、Googleアカウントさえあれば、使い続けることができるということだ。

関連記事
         (最終更新:2018年03月01日(木)06時20分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。