ネットで知り合ってホイホイと付いて行くってどうなんだろう?

2018年02月27日(火)06時00分
                 
座間の連続殺人は、ツイッターが発端だった。

そして、最近、報道されている出会い系アプリでの事件もそうだが、加害者が逮捕されているとはいえ、被害者は、帰ってこない。

スマートホンの普及によって、仮想現実とリアル現実が、わかっていないんじゃないかと。

どこの何とは書かないが、ホイホイと付いていく被害者にも、同情の余地はない。

「自分だけは大丈夫」なんて、思ってるんじゃないのか?

リアル現実でさえ、初対面の人と会うのは、それなりのリスクが伴う。

仮想現実なら、尚更だ。

時代の流れが、最悪の事態を招いていると思う。

ツイッターなんて、電話番号認証せずに、メールアドレスだけで、複数のアカウントを作成できる。

当然、通信ログが残っているだろうから、容疑者を特定することは、難しいことではない。

全ての利用者が、悪人だとは思わないが、少なくとも、善人ばかりではない。

こういう不幸な事件は、手を変え品を変え、これからも続くだろう。

警察だって、被害を認知しなければ、捜査はしない。

極端な話、未然に防止するというようなことなんて、できっこない。

サイバーパトロールなんて、意味のないもの。

結局は、アカウントを削除して、新たにアカウントを取得すれば、過去はわからない。

ツイッターなんて、「百害あって一利なし」と思ってる。

そして、いくら、注意喚起しようが、使う側が、危険性を理解しなければ、意味のないもの。

以前にも書いたが、ツイッターだけでなく、SNSは、地域コミュニティではない。

世界中と繋がっている。

言葉の壁があっても、海外在住でも、日本語が通じれば、簡単にコンタクトすることができる。

それに、乗るってことは、危険極まりないということだ。

「自業自得」、そして、「自己責任」。

滑稽な世の中になったもんだ。

(参考リンク)
友人に伝えて欲しい!実は恐ろしいSNSに潜む5つ危険
“ネット炎上“ 追跡500日|NHK NEWS WEB
ツイッターの検索結果 - 毎日新聞
関連記事
         (最終更新:2018年02月27日(火)06時00分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。