自動車保険の見直し手続きに行ってきた 2018年1月

2018年01月25日(木)06時00分
                 
3年契約の自動車保険の更新手続きをしたのは、2017年1月。

本来なら、2020年までの契約期間だが、2018年1月の自動車保険の改定により、一旦、契約を解除して、新たに契約するほうが、お得になるという話。

俺の愛車(軽自動車)は、致命的故障が原因で、2017年に、衝突被害軽減ブレーキ搭載の新車に乗り換えた。

前契約のままだと、3年間の総額保険料は、約154,000円だったが、契約を見直すことで、約144,000円になった。

そして、両親が乗っている車は、前契約のままだと、3年間の総額保険料は、約162,000円だったが、契約を見直すことで、約160,000円になった。

俺の愛車の値引率が大きいのは、衝突被害軽減ブレーキ搭載の割引によるもの。

両親が乗っている車の割引率が小さいのは、車両保険の保険料が下がったことよりも、3年間の契約期間中に、75歳を超えることにより、保険料が値上げされることによるもの。

でも、2台分の3年間の総額保険料は、僅かに値下げされた。

それにしても、自動車保険料って、高額だよな。

2台とも、20等級。

両親だって、あと何年、運転できるかわからないし、事故でも起こされたら困るから、最大限の保証内容で契約した。

ただ、自家用車がなければ、スーパーに買い物に行くことすら難しい地域。

地域には、80歳を超えても、運転免許を返納できない高齢者が居るのも事実。

75歳になったら、運転免許を返納すると言ってた両親も、その意思はないようだ。

だって、もう1回、車検を受けるって言ってるから。

ということは、少なくとも、あと2年は、運転するという意思表示ということになる。

できるだけ、送迎という手段でカバーしているが、将来的には、俺の負担は増えていくだろう。

関連記事
         (最終更新:2018年04月23日(月)22時54分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。