YouTube 収益を得られないということは使い方を改めなければ…

2018年01月19日(金)06時20分
                 
昨日(2018年1月18日)の記事(YouTubeで収益を得ることが不可能になることが確定した 2018年1月17日)の関連。

まずは、お詫び。

過去記事で、YouTubeのチャンネル登録をされた場合、数日後に、チャンネル登録返しをします。という対応をしましたが、昨夜、チャンネル登録返しを解除しました。

また、今後、チャンネル登録をされても、動画公開時に、「[登録チャンネル] フィードに公開してチャンネル登録者に通知」は、一切、致しません。

収益化できないものに、わざわざ、そういう対応をする必要もないと思ってます。

収益化できなくても、必要に応じて、共有という形で、ブログ記事に挿入することができるのだから、使い方を選択すればいい。

自身のチャンネルを公開されているチャンネル登録されている方で、チャンネル登録者数が、1,000人を超えている方は、たったの数人でした。

その証拠がこれ。

チャンネル登録者数、1,000人は、目指しませんが、「YouTube の利用規約とコミュニティ ガイドライン」に抵触しない程度に、利用する所存です。

チャンネル登録されていない人向けのチャンネルトップに、こんな表示(静止動画)も出している。
2018011801.png

共有できない設定にしているので、ここには張れないが。

とことん、使ってやるさ。

関連記事
         (最終更新:2018年01月19日(金)06時20分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。