和歌山ろくでなし人間(社会不適合者)

和歌山ろくでなし人間(社会不適合者)

-

2017年12月25日の話。

朝の阪和線。

日根野を過ぎれば、車内は混雑する。

俺は、和歌山から座って乗れたが、通路には、大阪市此花区にあるテーマパークに行こうとしている(服装や持ち物で勝手に判断)、2組の家族連れが。

1組は、母親と小学生高学年らしき女児。もう1組は、母親と小学生高学年の男児と低学年の女児。

東岸和田を過ぎたあたりで、低学年の女児が、「ママ、おしっこ」って。

混雑している車内で、しかもトイレのない車両から、トイレのある車両に移動するのは困難。

次の駅(和泉府中)で、降りるのかな?と思いきや、母親が「そこでしなさい」と。

マジかよ?と思ったが、「履いてるんでしょ、そこでしなさい。」だって。

そういうことかと分かったが、どうやら、おむつをトイレ代わりに使っている人が少なからず居るということだ。

高齢者や、寝たきりの…だけではなく、粗相させることがないようにしているということかな。

以前、こんな記事を書いた。

2016年12月26日の記事(隣町のドラッグストアで遭遇した不運な出来事(追記あり))。

こういう商品がある。(ウエスト45cm~60cm)

それまで、ピョンピョンと飛び跳ねていた女児が、静かになった。

「着いたら、履き替えようね。」と言ってたから、予備も持ってるということだろう。

寝たふりしながら、ずっと聞いてた。

どうやら、小学生高学年らしき女児も、小学生高学年の男児も、おむつを履かせていたようだ。

小声で喋ってくれりゃいいのに、全部、聞こえた。

その気になれば、ドラッグストアでも簡単に購入できるし、ネット通販でも購入できる。

おむつをトイレ代わりに…って、どういう感触なのか知らないが、これも、時代の流れなのかな。

少なくとも、俺には理解できない。

そういえば、2017年11月16日の記事(7年ぶりに元同僚だった奴から連絡が… 心と体を壊してまで働く必要あるのかな)に登場した、元同僚、その後のメールで、心療内科にも泌尿器科にも行かず、俺と別れた後、おむつを購入し、後日、嫁さんにバレたんだと。

こっちは、自業自得だな。背中を押したのに、違う方向に進んだ結果が、嫁バレ。

診察さえ受けていれば、違う結果になったかもしれないのに…。


関連記事
(最終更新:2017年12月27日(水)06時20分10秒)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。
Posted by