和歌山ろくでなし人間(社会不適合者)

和歌山ろくでなし人間(社会不適合者)

-

母親からの話。

この時期に、年賀状が届いたらおかしいけど、よくよく話を聞いてみると、今年も、担当の郵便配達員が、年賀状の注文を取りに来なかったということだ。

2016年11月6日の記事(郵便配達員が替わったら…)と同じことが、今年も起きている。

注文していない(できていない)のだから、届くことはない。

少なくとも、2年前までは、配達担当が、年賀状の注文を聞きに来てくれて、自宅に届けてくれた。

もうすぐ、年賀状の差し出し受付が始まるのに、この時期に、注文を聞きに来るなんて、ありえないだろう。

郵便配達員にも、当たりハズレがあるということだろう。

2年連続で、こういうことになったということは、今の配達員は、ハズレということだろう。

俺は、年賀状を卒業したから、関係ないが、両親は、200枚程度、差し出している。

配達員が、年賀状の取り次ぎをしない理由を、聞いてみようと思ってる。

何らかの事情で、取り次ぎできなくなったのか?

単に、取り次ぐ気がないのか?

結果は、追記する。
----
(追記)
管轄の集配郵便局に問い合わせたところ、

本来なら、過去2年間に、郵便配達員が取次した購入先については、お伺いをすることになっているとのこと。

今日にでもお届けしたいと言ってくれたが、断った。

近くの郵便局で購入しますと。

ノルマがあって、ノルマを達成したから、放置したのか?

元々、取次が面倒で、やらなかったのか?

そこまでの言及はできなかったが、少なくとも、昨年も今年も、注文を取りに来なかったことは、事実。

過去2年間に、郵便配達員が取次した購入先ではなくなるから、来年は、11月上旬に、郵便物と一緒に配達されるチラシから申し込むことになるだろう。

結論から言えば、今の郵便配達員は、ハズレだということだ。


関連記事
(最終更新:2017年12月13日(水)11時16分32秒)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。
Posted by