和歌山ろくでなし人間(社会不適合者)

和歌山ろくでなし人間(社会不適合者)

-

※今日の定時配信は、6分ごとに、あと5本。

「骨髄バンクからの大切なお知らせです」と記載された封筒が届いた。

日本骨髄バンクニュースと、「ご寄付のお願い」と記載された払込票の付いたチラシが入ってた。

プリンター(スキャナー)の機能制限で、上下左右5ミリずつ削られています。

CCI20171208_0001.jpg

CCI20171208_0002.jpg

こういうのって、どうなんだろう?

和歌山ではないが、他府県で献血した時、日本赤十字社の活動みたいなリーフレットと共に、「寄付のお願い」みたいな、払込票の付いたチラシを手渡されたことがある。

寄付する、寄付しないは、個人の自由だが、ドナー登録者や献血者に、寄付を求めるというのは、如何なもんだろう。

ドナーに選ばれれば、協力するつもり。

献血だって、不定期だが続けるつもり。

なんか、違和感があるのは気のせいだろうか。

ちなみに、骨髄バンクニュースの郵送を止めていても、12月号だけは、ドナー登録者全員に郵送されるそうだ。
CCI20171208_0003.jpg
(骨髄バンクニュース・50号の裏表紙より引用)

ガッポリ儲かってる、社会貢献したい企業や個人に寄付してもらえば…って思うけど。

関連記事
(最終更新:2017年12月09日(土)06時00分25秒)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。
Posted by