誰も依頼していないのに「ご依頼のあった工事に来ました」という男が訪ねてきた

※今日の定時配信は、6分ごとに、あと5本。

カテゴリ的には、こっちだろうな。

2017年12月7日の午前中、我が家に、「ご依頼のあった工事に来ました」と言って、作業員風の男が訪ねてきたらしい。

俺は、不在で、母親が応対した。

光回線工事が、午後からの予定で、最低2人の作業員が来ることを伝えていた。

でも、その人は、ひとり。

「家の中を見せてください」と言われたらしいが、母親が拒み、玄関の外で、その男を問い詰めたらしい。

「誰の依頼で、どういう内容だったのですか?」と、十数回、繰り返し質問したらしい。

俺だったら、即110番通報するけどな。

男は、「この周辺は、お留守のお家が多いですね。」と言ったらしい。

その言葉を聞いた途端、母親は、「依頼を受けて来たのだったら、周辺が留守であろうがなかろうが、関係ないんじゃないですか?」と言ってやったらしい。

男は、「それもそうですね。お邪魔しました。」と言って、どこかに行ってしまったらしい。

母親曰く、「あたかも依頼を受けたふりをして、家に上がり込んだり、訳の分からない工事をして、高額請求する人に見えた。」と言ってた。

よくやるよ。

ひとつ間違えれば、危害を加えられるかもしれないのに。

県警の相談課に連絡しておけば?と言ってみたが、「人相とか覚えてないから、根掘り葉掘り聞かれても、答えられないし、面倒だからいいよ。」って。

警察って、事件の捜査だけではなく、犯罪手口の手段みたいな情報提供も受け付けている。

被害がなくても、こういう事例は、報告しておくべきだと思うけどな。

しかし、最近、地域に不審人物が訪ねてくることが増えた。

過去記事に書いたが、表札を撮影している不審者とかも居たし。

それにしても、よくやるよ、まったく。

関連記事
(最終更新:2017年12月08日(金)06時00分09秒)

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。


 



  ページトップ

Copyright (C) 2014-2017 40代、和歌山××人間(社会不適合者)の不適格ブログ. All Rights Reserved.