ADSL12Mを契約したのは…

CCI20171121.jpg

2003年10月だったようだ。

光回線の工事予定が、2017年12月だがら、14年間、ADSLのお世話になったということになる。

自慢じゃないが、我が家には、最先端という言葉は似合わない。

ADSL12Mなのに、建物の構造で、Wi-Fiルーターは、「WXR-1900DHP2」を設置していた。

最大1300Mbps(IEEE802.11ac)に対応している機器なのに、回線が、ADSL12Mだなんて、笑うしかない。

それでも、俺の自室には、安定した電波が届かないから、中継器も設置している。

一応、「お申込お手続き完了」した。

正直、どうなるかは、わからん。

eo光のような、事前調査がないから、イチかバチかの工事になる。

初期費用が、凄い金額だ。

契約料:800円+インターネット工事費:18,000円+ひかり電話工事費:4,000円=22,800円(税抜)。

税込みにすると、24,624円もの費用がかかる。

痛い出費だよ。

俺が支払うということではないが。

すべての決定権は、両親。

俺は、試算と、工事立ち会いと、接続作業。

eo光の後遺症だよ。

「今度は、本当に大丈夫なんだよね?」と両親に、何度も念押しされた。

残念なことに、我が家には、コラボできるものがない。

両親がガラケーで俺がガラホと格安スマホの2台持ち。

ドコモとコラボできないし、当然、関西電力とのコラボもできない。

コラボできるものがないから、割高なプランしか選択できない。

俺だって、正直、嫌なんだよ。

煩わしさがね。

仮に、光回線の工事が成功したら、ADSLの解約手続きが必要となる。

万一の事態に備えて、ADSLは、開通完了まで、残しておかなければならない。

自宅内Wi-Fiがあるのに、通信速度が遅いから、俺のスマホは、常時、楽天モバイル回線で繋いでいる。

どんな契約になったのかは、実際に、工事が完了したら、改めて記事にする。

精神的に、参ってしまうんだよ。

回線業者の人は、親切丁寧なアドバイスをくれるのだが、俺の頭脳では、理解不能なことも少なくない。

そっか、ADSLを、14年間も使ってたんだ。

俺が、まだ32歳の頃だったんだ。

俺が、自分専用のPCを購入したのは、2009年だった。

38歳の頃ということは、まだ、非正規雇用で仕事をしていた。俗に言うブラック企業でな。

昨日(2017年11月21日)だけで、光回線関係の問い合わせ発信が2件、着信が1件。

1回あたり、約30分の通話だった。

予定していた野良仕事もままならず。

この回線速度がどうなるのか?
screenshot-2017-11-21-22-18-11-033.png
ラピッドネット|回線速度の測定、PC・スマホに対応した国内最速のスピードテストサイト

なるようにしかならないけど、疲れた。




関連記事
(最終更新:2017年11月22日(水)08時20分06秒)

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。


 



  ページトップ

Copyright (C) 2014-2017 40代、和歌山××人間(社会不適合者)の不適格ブログ. All Rights Reserved.